矯正歯科(歯列矯正・歯並び)専門医院。りょうかわ矯正歯科クリニック
矯正歯科の専門院・りょうかわ矯正歯科クリニックトップ
 

 
矯正歯科の治療例をご紹介




出っ歯の矯正治療例
出っ歯(上顎前突)
出っ歯 矯正治療前
<治療前>
出っ歯 矯正治療後
<治療後>

症例1
出っ歯 矯正治療前の口もと
<治療前の口もと>
出っ歯 矯正治療後の口もと
<治療後の口もと>

症例2
出っ歯 矯正治療前の口もと2
<治療前の口もと>
出っ歯 矯正治療後の口もと2
<治療後の口もと>
出っ歯は、上あごの発育が大き過ぎたり下あごの発育が小さすぎたりするために生じる症状です。幼児期の指しゃぶりが原因になることもあります。
治療のポイントは前歯が上下で咬み切れる状態になり、口もとが自然な感じになることです。「リラックスした状態で口唇閉鎖が可能になる」と言います。
出っ歯の矯正治療の開始時
出っ歯の矯正治療中
出っ歯の矯正治療後
上あごが大きすぎたり、下あごが小さすぎたりした場合、上だけ抜歯したりすることがあります。


矯正治療の初診相談





受け口の矯正治療例
受け口(下顎前突、反対咬合)
受け口 矯正治療前
<治療前>
受け口 矯正治療後
<治療後>
受け口は、上下のかみ合わせが逆になってしまう症状で、一般に下あごが大きすぎたり上あごが小さすぎたりするために生じます。


治療経過
受け口の矯正治療開始時
受け口の矯正治療中
受け口の矯正治療終了
上下の小臼歯を抜歯して、そのスペースに歯を移動させて治療しました。上下の歯に輪ゴムをかけたりします。上の臼歯は前方へ、下の前歯は後方に移動させるためです。


八重歯・叢生の矯正治療例





叢生(そうせい)・でこぼこ・八重歯

症例1
八重歯・叢生の矯正治療前
<治療前 横から>
八重歯・叢生の矯正治療前2
<治療前 前から>
八重歯・叢生の矯正治療後
<治療後>
八重歯・叢生の矯正治療後2
<治療後>
叢生(そうせい)は、歯が大きすぎたり顎が小さすぎて、歯と顎の大きさの調和がとれないために歯が捻じれたり、重なり合ったりするもので八重歯はその典型です。


症例2
八重歯・叢生の矯正治療前の症例2
<治療前 横から>
八重歯・叢生の矯正治療前の症例3
<治療前 前から>
八重歯・叢生の矯正治療後の症例2
<治療後>
八重歯・叢生の矯正治療後の症例3
<治療後>
症例1と2は別人ですが、同じような歯ならびです。これは歯の萌出する順番に法則があるため、同じようになってしまいます。
とび出した犬歯は抜歯せず、その後の(小臼歯)を抜くのが一般的です。


矯正治療のご相談





空げき歯列の矯正治療例
空げき歯列(生まれつき歯の数が少ない)

症例1
空げき歯列の矯正治療前の症例1
<治療前 横から>
空げき歯列の矯正治療前の症例2
<治療前 前から>
空げき歯列の矯正治療後の症例1
<治療後>
空げき歯列の矯正治療後の症例2
<治療後>
空げき歯列は生まれつき歯の数が足りなくすきまがあいてしまいます。前の叢生の場合と正反対の例です。
側切歯と第2小臼歯が生まれつきありません。左の前歯は矮小歯(形が小さい)。犬歯を前歯に見立ててならべてあります。

症例2
空げき歯列の矯正治療前の症例3
<治療前 右側>
空げき歯列の矯正治療前の症例4
<治療前 左側>
空げき歯列の矯正治療後の症例3
<治療後>
空げき歯列の矯正治療後の症例4
<治療後>
下の第2小臼歯が生まれつきなく、右側は乳歯がまだ残っています。
入れ歯を入れずにスペースを閉じてしまいました。全部自分の歯だけで歯列が出来上がりました。


矯正治療の初診相談





開咬の矯正治療例
開咬(かいこう)
開咬の矯正治療前の症例
<治療前>
開咬の矯正治療後の症例
<治療後>
開咬とは、一部の歯が開いたまま咬み合わせることができず、麺類が咬み切れないような症状です。指しゃぶりや舌の突き出し癖、顎の骨の発育方向の不調和などによって起こります。


矯正治療の初診相談
 




| りょうかわ矯正歯科クリニックトップページ | ご案内 | 特徴 | 先生の紹介 |
| 矯正歯科の治療費 | 矯正歯科初診受付 | 矯正治療の流れ | 矯正歯科の治療例 |
| 保険治療 | 子供の矯正歯科 | 成人の矯正歯科 | よくある質問 | アンケート |